企業法務の必要性が高まっている

大手企業などでは、企業法務という単独の課を社内に設けて人事や労務、またそのほか社内のトラブルの対応やリスクに備えるなど、様々な対応を「企業内で」出来るようにしているところが多くなっています。

企業法務は企業の業務活動の中で法律に関係する問題への対応、また問題が起こる前の回避策の指導、契約書の作成や取引先との交渉支援、さらには訴訟等が起きた場合の対応などを行います。
企業を取り巻く環境が年々複雑になっていることもあり、こうしたことへの対応を外部に求めるのではなく、スピーディーな対応ができるように企業内に専門の課を置く企業が多くなっているのです。

顧問弁護士をつけ企業法務についての対応を考慮する企業もありますが、顧問弁護士プラス、企業法務の専門課を企業内に設け、タッグを組み対応するという企業も増えています。
こうした対応が必要なほど、現在、様々な法律に関する対応が必要となってきているのです。
雇用に関しても企業法務の担当として、法律に明るい人材を募集している企業も多く、その必要性の高さは年々強くなっていると考えられます。
企業によっては総務に担当課を設ける場合もありますし、法規課という部署を設けて対応する事もあります。
この先、企業法務の雇用は多くなっていくことが考えられ、また企業法務として活躍したいと考えている人材も増加傾向にあります。

当サイトは、これから企業法務としての雇用を希望されている方に、企業法務という職に就くまで、どのようなことが必要なのかをお伝えします。
このサイトが皆様のお力になれれば幸いです。



▼外部サイト
社内のトラブルや契約書の確認などの企業法務を顧問弁護士へ依頼が出来ます ・・・ 顧問弁護士